タングレス・インサート

タングレス・インサートとは

従来のインサートについている「タング」の代わりにノッチ(返り)をつけタングを無くしています。

ノッチ(返り) 挿入切り取りノッチ(返り)

どちら側からでも挿入ができ、インサートの向きを気にせず使用できます。
タングを折ったり、折ったタングを探したりする作業がなく、ゲージ確認する必要もありません。
抜き取る際にも、雌ねじ側にも本品にもダメージを与えません。

従来品とタングレス・インサートの作業の違い

従来のインサートの作業(ドリル、タップ加工後)

従来のインサートの作業(ドリル、タップ加工後)

タングレス・インサートの作業(ドリル、タップ加工後)

タングレス・インサートの作業(ドリル、タップ加工後)
電動の場合、従来の作業より約30秒の時短ができます!

タングレス・インサート使用方法

電動工具を使用する場合に用意するもの

電動工具を使用する場合に用意するもの

各部の名称

ノッチ(返り)

トルク調整ナットの交換の仕方

手順1
1.トルク調整ナットをはずします。矢印の方向に押し付けながら......
手順2
2.ナットを回転させます。
手順3
3.使用するインサートのサイズにあったばねをセットします。

KFS-12への工具取り付け方法

手順1
1.ジョイントシャフトカラーを押さえます。
手順2
2.工具の六角部分を差し込みます。工具を外すときも同様にジョイントシャフトカラーを押さえて外してください。

電動で挿入する使用方法

手順1
1.ハウジングとロックナットを緩め、インサートをノッチに爪がかかるまで装着してください。その後ガードとインサートの隙間を線径1本分あけてハウジングとロックナットをセットしてください。
手順2
2.コイルを工具の先端に取り付けます。ドライバーのスイッチレバーを押しながら工具を回転させ、コイルを工具の先端に当てながらインサートを電動で装着します。
手順3
手順3
3.母材に対して垂直に工具を持ち母材に工具先端が接触したらスイッチレバーを握って工具を回転させます。
手順4
4.ガード部分が母材に接触すると電動工具は自動的に反転しますレバーを押し続けたまま工具を回転させて工具だけを引き出してください。

手動の場合

電動工具で挿入する場合と同様にインサートを工具の先端に装着します。母材に対して垂直を保ち押し付けすぎないようにしながらインサートを回しいれてください。工具が母材に当たったところで工具の回転方向を逆にし工具を引き出してください。

電動で抜き取る使用方法

手順1
1.ハウジングとロックナットを緩め、インサートをノッチに爪がかかるまで装着してください。その後ガードとインサートの隙間を線径1本分あけてハウジングとロックナットをセットしてください。
手順2
2.コイルを工具の先端に取り付けます。ドライバーのスイッチレバーを押しながら工具を回転させ、コイルを工具の先端に当てながらインサートを電動で装着します。
手順3
3.母材に対して垂直に工具を持ち母材に工具先端が接触したらスイッチレバーを握って工具を回転させます。

工具の先端の爪が出ている状態
手順4
工具の先端の爪が内部に入り込んでいる状態
手順4

手動の場合

電動工具で挿入する場合と同様に工具を母体に対して垂直に立てインサートの内径に工具を回しいれます。インサート上部一巻目のノッチに爪がかかったところ(カチッという音がします)で工具を逆回転します。工具を引き出した後はリリースを押しながら工具からインサートを回し取ります。

こんな時どうする?(手動で挿入の場合)

インサートを工具にセットするとき、インサートをどの辺りまで装着すればいいですか?

1.インサートのノッチに爪がかかるまでインサートを回しいれる。
2.インサートとガード部分は線径1本分程度の隙間を空ける。
その後、ハウジングとロックナットをしっかり締めて固定してください。

パウルにインサートが引っかからない時はどうすればいいですか?

・ツメが磨耗していませんか?
ある程度の個数を挿入するとツメが磨耗し、インサートのノッチ部分にツメが引っかからなくなります。その場合は交換用の爪を用意しています。爪の交換をしてください。

・ツメが折損していませんか?
挿入時に負担をかけすぎると爪の折損の原因になります。磨耗した場合と同じように爪の交換をしてください。

※挿入不可の状態は、インサートのノッチが工具の爪に引っかからないことをさします。

うまく挿入できません。

・タップはゲージ検査を合格していますか?
下穴径が小さいとインサートをうまく挿入できません。再度タップをゲージで検査し、適正なサイズがどうか判断してください。

・負担をかけすぎてインサートをタップ穴に押し付けていませんか?
インサートを挿入するために、インサートを下穴に押し付けていませんか?負担がかかりすぎるとピッチ飛びを起こしてしまい挿入不具合の原因になります。インサートが下穴に一巻ほど挿入できれば強い力をかけずに挿入することができます。

ツメの交換はどのようにすれば良いですか?

挿入用の交換爪を購入してください。グレー色をしています。工具からロックナットとハウジングを外し、マンドルと爪を固定しているシャフトを取り外してください。その際、内部にはばねが組み込まれているので無くさないように注意しながら作業してください。シャフトを取り出すとマンドルと爪の固定が解除されます。爪のみを取り出し、新しい爪をセットしてください。その後、再度マンドルと爪を固定するためにマンドルにある穴の位置を合わせてシャフトを差し込んでください。

爪の交換中にシャフトまたはスプリングを失いました。改めて工具を買う必要がありますか?

工具内部にあるシャフトまたはスプリングは規格品です。有償で販売させていただきますので工具本体を買う必要はありません。また、トルク調整ばねも単独でご用意しています。お問い合わせください。

タングレス・インサートの使用方法動画

タングレス・インサート挿入~抜取工程(手動)

タングレス・インサート挿入~抜取工程(電動)

お支払方法について

お支払いは代金引換(代引)にてお願いします。
代引手数料をお客様ご負担とさせて頂きます。
場合により会社間取引でのお支払いをお願いすることがあります。

同一商品で1点の小計金額が200円未満の場合は、一式200円で計上させて頂きます。

商品以外の代金について

送料、梱包代がかかります。
商品代(税別)が一定金額をこえた場合、送料無料となります。

代引手数料をお客様ご負担とさせて頂きます。
全国一律300円(税別)

発送・納期について

営業日:午後4時まで(月~金曜日)のご注文は即日発送できます。休業日の土・日・祝日は、翌営業日に発送いたします。
但し、在庫切れの場合は4~6日納期を頂きます。


配送について

配送業者は弊社指定業者となります。指定はできません。

個人情報について

お客様に安心してお買い物をいただけるよう、個人情報の取り扱い、セキュリティに細心の注意を払っております。
お客様の個人情報の保護を第一に法律遵守で営業しております。
プライバシーポリシー

返品・交換について

ご返品は弊社のミスによる不良品(破損等)のみ承っております。
商品到着日より7日以内にご連絡ください。万一商品がお届け時に破損していたり、ご注文と違った品が届いた場合は、お手数ですが着荷後7日以内にご返送ください。責任をもってお取替いたします。
※返送料は弊社が負担いたします。
株式会社 杉本産業
【本社】
〒860-0833 熊本県熊本市中央区平成3丁目2番3号 [TEL] 096-378-0100 [FAX] 096-379-5400
【大阪営業所】
〒550-0013 大阪市西区新町1丁目10番24号 四つ橋YHビル5階 [TEL] 06-6537-9549 [FAX] 06-6537-9649